ジャカルタに到着し、1週間が経とうとしています。

今回はコス探しを紹介したいと思います。

コスとはインドネシアの単身用住居の事ですが、

外国人留学生、現地の大学生いずれもこのコスで生活をします。

今回私はジャカルタのUIへの留学ですので、UIの学生は

大きく分けると下記2通りの滞在方法があると思います。

①ジャカルタ市内のコスに住み、キャンパスのあるデポックまで通学する

②デッポックの大学近くのコスに住む

私の今回のコス探しは、知り合いのオフィスの現役大学生スタッフの

お手伝いをもらい、丸1日コス探しに奮闘しました。

まず、ジャカルタからデポックまで毎日通う自信はなかったので、

①の選択肢は私の中にはありませんでした。

そこで第1希望は②でしたので、大学近くから探し始めました。

私が通うBIPAに一番近いJl Sawo(サオ通り)から探し始めました。

ここは線路を超えるとすぐUIのキャンパスになります。

Jl Margonda Raya(マルゴンダ通り)という大きな通りがデポックの中心地を走っているのですが、その途中ジャカルタ方面から来ると右側なんですが小さな、一見すると見落としそうなJl Sawoという看板が書かれた通りがあります。

その初めから途中名前をJl Cengkehと変えた最後まで全てのコスを訪ねましたが全てsudah penuh(既に満室)という返事をもらいました。。。

ちなみにコスはたいてい鉄の扉がありその中に部屋が沢山あり共同生活ができる、今日本で流行のシェアハウスの様な感じです。

(日本でのそんなお洒落な感覚では無いですが( ´艸`))

そしてどのコスにもIbu Kost(イブコス)と呼ばれるそのコスのオーナー又は管理人がいますのでそのイブコスに空いている部屋があるかどうかを聞きます。

条件は人それぞれだと思いますが、主な所では

・部屋の広さ

・部屋の綺麗さ

・kamar mandi(浴室)は各部屋か共同か

・お湯が出るか(これはほぼ無いと思っておいた方が良いです)

※今現在私が住んでいる2juta(約2万円)に近いアパートメントでも

 お湯は出ません!(必要無いので私はいいんですが・・・)

・kost putri(女性専用コス)の場合は門限は何時なのか

・電化製品の持ち込みはいくら位するのか

(通常、PCを持ち込むとプラス25,000rpとか扇風機を持ち込むと20,000等電化製品毎に追加代金がかかります)

・キッチンがあるか(ある場合は共同となる場合が多いようです)

等が判断の基準になると思います。

そして話を戻しますと・・・

私は大学に近いその通りのコスではいい物件が見当たらず、次にJl Kobelと言うちょっとだけ離れた場所でもコスを探してみました。

すごい綺麗そうなコスがあったんですが、既に満室でした。。。

という事で、そのお世話になったオフィスの役員の方が紹介してくれた【Margonda Residence】というアパートにとりあえずの住居を構える事にしました。

※このアパートは日本にいた時から調べて知っていはいたんですが。。。

3ヶ月で5,100,000ルピア=1ヶ月で1,700,000ルピア(1万7千円)

日本人の感覚からすると安いと思うかもしれませんが、こちらの感覚(私も)するととても高いです。

なので私もものすごく悩みました。。。

でもとりあえず落ち着きたかったのと、私の場合趣味のカメラ品がとても高いのでそれを守る為でもあれば高くないか、と思いそこにしました。

一応3ヶ月契約なので、次にいいコスが空けば引っ越しできるんですが、一度こんな贅沢な生活しちゃったら次に安い部屋に移動できるのか?しかも引っ越し面倒だし・・・なんて今から考えてます。(笑)

ちなみに部屋はこんな感じです。

はっきり言ってホテルです。下手な安宿よりよっぽどいいホテルです。

ちなみにこの冷蔵庫の上にあるアクア(水)

これで500円しないんです。安いよね〜

ちなみに、初めは容器を買うから500円位だけど、次回からは100円位で詰め替えできるんです!